こんにちは。CLA(サイクルライフアドバイザー)白石です。

7月から軽井沢で開催しているレンタサイクルガイドツアーの様子をレポート致します。

レンタサイクルガイドツアーのメリットは下記の通りです。

  • 土地柄、風景、景色など観光をサイクリングで楽しむことが出来る。
  • 観光先での渋滞に巻き込まれない。
  • 手ぶらで行く事が出来るの移動がとにかく楽である。
  • スポーツバイクの良さを体験することが出来る。
  • 経験豊富なスタッフが乗り降りの仕方やバイクの操作方法をしっかり説明してくれるので初めての方でも安心してご利用頂ける。
  • 体を動かすので観光地の『食』をさらに満喫できる。

スポーツバイクのレンタサイクルには観光の促進や楽しさを活性化させる効果がたくさんあります。

先日ガイドツアーにご参加頂いたお客様は女性5名。

1人を除き、4人がスポーツバイクに全く乗ったことがないという事だったのでスタート前に乗り降りの仕方やバイクの操作方法を説明し、実際に車の通りが少ない所で練習致します。

f:id:shiraishimasaya:20160802085317j:plain

f:id:shiraishimasaya:20160802085408j:plain

今回のコースレイアウトはこちらになります。

yahoo.jp

全長30kmのコースを約3時間半ぐらいかけて走りますが、各ポイントで観光スポットに立ち寄ったり、写真撮影タイムを撮ったりと観光をメインにツアーを楽しんで頂きます。

今回は女性のみのご参加だったので、ツアー中は自然と会話も弾みます。

走行ルートでは観光スポットや景色が良い所も多くあるので、写真好きな方はたくさん撮影しておりました。

 

 

f:id:shiraishimasaya:20160802140157j:plain

f:id:shiraishimasaya:20160802140221j:plain

f:id:shiraishimasaya:20160802140249j:plain

 観光の醍醐味でもある『食』も満喫して頂きます。

サイクリングは有酸素運動で効果的にエネルギーを消費するので自然とお腹も空きます。

今回はベーカリー&レストランの沢村さんでランチをしました。

f:id:shiraishimasaya:20160802141228j:plain

こんな方に是非ご参加頂きたいです。

  • スポーツバイクに興味があるけど、購入するまでの踏ん切りがつかない!
  • 彼氏彼女、友達、家族、同僚の方などにスポーツバイクを始めて欲しい!
  • 軽井沢を満喫したい!
  • 軽井沢に観光に行く予定だが、何かレジャーの要素を取り入れたい!
  • 何か新しいことを始めたい!
  • スポーツバイクが家の倉庫に1年以上眠っている。 
  • 運動不足を解消したい! など

 

ツアーに参加したお客様の声

桐生市からお越しのE様 女性30代 (今回スポーツバイクに初めて乗車)

Q・ツアーの全体的な感想をお聞かせください。

ツアーに参加して、軽井沢の今までと違った一面を見ることができた。

車では行くことがなかなかできないところへ、ちょいと行けることが自転車の魅力だと思った。

自転車でもガイドしてくれる人がいると、自分たちでは知らないところへ行ける楽しみがあっていいと思った。

 

Q・ツアーの良かった点を教えて下さい。
ガイドしてくれた安心感。

レンタサイクルではなかなか借りることができないスポーツバイクだけれど、乗り方を知ったら普通のレンタサイクルより快適だった。

車や徒歩では楽しめない魅力があった。

自転車で下り坂を下るのが楽しかった。

途中休憩で食事やデザートが食べることができる。

 

Q・ツアーの悪かった点を教えて下さい。

疲れる。体力勝負。

自転車の椅子に慣れていないから乗り心地が悪い。

 

Q・特に印象的だった事があれば教えてください。

久しぶりに自転車に乗った。

Q・スポーツバイクに乗った感想をお聞かせください。

なかなか高級でマニアックな自転車のイメージだったけど、乗ってみたら快適だった。
自転車がちょっとほしくなった。

 

Q・CLA白石にご意見、ご要望があれば教えてください。

個人でやっているからこその魅力や楽しさ、おもてなし、心遣いが伝わるガイドツアーがいいと思いました。

 

高崎市からお越しのO様 女性30代(今回スポーツバイクに初めて乗車)

Q・ツアーの全体的な感想をお聞かせください

とても楽しかったし、自転車が好きになった点で新たな発見があったので有意義な一日を過ごせた。

避暑地でもあるけど、秋は紅葉がきれいとか、春は桜が満開だときれいとか言われると季節ごとにまた足を運びたくなる。

知らない人と一緒だったけど、励まし合ったり、きれいなところを見たり、おいしいものを食べたりと、団体行動が遠足の様で懐かしい感じもした。

 

Q・ツアーの良かった点を教えて下さい。

身近に思っていた軽井沢で、知らないステキな場所をいくつも知ることができた。

普段からだを動かさないので運動不足解消できた。

パンクや転倒など心配性な私には、サポート&ガイドしてくれるガイドの人がいるということで乗ったことのないスポーツバイクも安心だった。

 

Q・ツアーの悪かった点を教えて下さい。

意外と時間がかかったのかなぁと思った。(たぶんランチ食べたから)

距離でのカウントではなくて、時間の方が初心者はピンとくると思う。

車通りの激しい道&急なくだり坂が怖かった。

 

Q・特に印象的だった事があれば教えてください。

衝撃的だった雲場池!近いのに参加者 誰も知らなかった穴場。

沢村のピザのおいしさ。

 

Q・スポーツバイクに乗った感想をお聞かせください。

普通の自転車に比べると軽いし、こいでも全然疲れない。

私のママチャリとチェンジしたい!

初心者がたくさんの人で走るという事だったのでどうなる事かと思ったが、わかりやすい合図と声かけのおかげでトラブルなく乗れた。

ちょこちょこ移動しても駐車料金がかからないのって素敵。

 

高崎市からお越しのA様 女性30代(今回スポーツバイクに初めて乗車)

Q・ツアーの全体的な感想をお聞かせください

車でしか行った事のない軽井沢でしたが、自転車での風景がこんなにも素敵なものだとは思いませんでした。

風の清々しさを感じることが出来とても気持ち良かった!

 

Q・ツアーの良かった点を教えて下さい。

軽井沢を知りつくした方が案内してくれる事。知らない場所を知れた事。

休みたいときに休み、その時にみんなで色んな話が出来た事。

 

Q・ツアーの悪かった点を教えて下さい。

サイクルマップ的なものがあれば、現在今自分がどの辺りを走っているのかわかりやすかったと思います。

楽しみ方も増えるかも…。

 

Q・特に印象的だった事があれば教えてください。

20年ぶりでも自転車というものに乗れる(笑)

 

Q・スポーツバイクに乗った感想をお聞かせください。

初心者でも思っていたより気軽に楽しめる。

思っていた以上にタイヤが大きいのにびっくりしました!

風を感じる気持ち良さを知れたのが爽快!!

 

高崎市からお越しのA様 女性40代(今回スポーツバイクに初めて乗車)

Q・ツアーの全体的な感想をお聞かせください

初対面で未経験の方達が自転車に一緒に乗って体感し、同じ景色を見て喜びを感じる。

こんな素晴らしい企画に参加させて頂きありがとうございました。

 

Q・ツアーの良かった点を教えて下さい。

自転車だから体感できる自然の風景・空気を自転車で走りながら爽快に感じる事が出来る。

それを感じている参加者みんなの笑顔が嬉しく思いました。

 

 

Q・特に印象的だった事があれば教えてください。

みんな同じ思いで自転車の気持ち良さを体感することが出来た。

 

Q・スポーツバイクに乗った感想をお聞かせください。

切り替えをしてペダルを漕ぐ面白さ、風を切る気持ち良さ、自転車でしかわからない爽快さなどとても楽しかったです。

 

ツアーの料金や詳細はこちらをご覧ください

shiraishimasaya.hatenablog.com

 

ツアー遂行日やご予約についてはこちらをご覧ください。

サイクリングツアー ← こちらをクリックしてください。

 

 

 

 

【現在参加受付中のイベントはこちらをご覧ください】

詳細は下記の記事をクリックしてください。

shiraishimasaya.hatenablog.com

※しまなみ海道サイクルツアーはお陰様で定員に近づいております。

誠にありがとうございます。

ご参加をご検討中のお客様はお早めにお問合せ下さい。

なお、申し込み締め切りは8月9日となりますので予めご了承ください。

shiraishimasaya.hatenablog.com

shiraishimasaya.hatenablog.com

 

【サイクルウェアの取り扱いをスタート致しました】

shiraishimasaya.hatenablog.com

 

 

好きな格言

『そんなに大層なことは、この世に一つもない。

大概、笑ってごまかせることだ』

by 森繁久彌

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ダウントンアビーでよく盛り上がっているアメリカのパルから
手紙がきた。
今回は間隔が空いているな~と思っていたら、
彼女は私からの手紙を待っていたらしい。
あら?私は出したでしょ?と思いながら読んで吹き出してしまった。

「あなたからのメールを受け取って、驚いたけれど
あなたのする選択を応援したいとは思っているわ。
”素敵な人と出会えたから、人生を再スタートする”とあったけれど
あなたは円満な結婚生活をしていると思っていたわ。
私には言えないことがいろいろとあったのね。
メールの後に来たあなたからの手紙にもなにも書かれてなかったから
そのことについてまた手紙が来るのかとしばらく待っていたけれど
何もこないから、私が書くわ。
メールでこういうことは書きたくないし。」

という内容が最初の便箋1枚目にぎっしり。
「素敵な人と人生を再スタート」、
私のエイプリルフール、本気にしてたのか!!
彼女が手紙を書いたのは4月10日。
10日間も…そして今日まで。ほぼ、誰も引っかかってくれなかったし、
「それはだまされないわ~」というメールばかり受け取っていたから
「うそでした~」のネタ晴らしをするのを忘れていたことを
今日手紙で気づいた。

急いで、「あれはエイプリルフールだったのよ!
ラブラブで結婚12周年をお祝いしました。ご心配なく!」と
メールした。
エイプリルフール、ネタ晴らしはきちんとしなければ
と反省。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

わらたさんの投稿したなう

今日飲んだコーヒー、あとで知ったのだけど、St Aliのでした。クリーミーでもちろん美味しかったけど、だからってどこのロースター?と気にしなかった。うーん、やっぱり名前をみてから飲むのと感動が違うかもあせる
6/3 14:09

コーヒーにクリーミーって変な表現だけど、あのまったり感をなんと表現すればいいのか。
6/3 14:10

最近できたファミリービジネスのカフェが気に入ってる。割と大きな通りに面したビレッジの店舗。テイクアウェイの常連はついたっぽいけど、店内はガラン。もったいないなぁ。。。
6/4 8:14

ブログ人格、ありませんか?私はブログ人格(本性に近い)、自営業人格、英語人格の三重人格ですガーン
6/4 15:15

メルボルンのIZAKAYAって、居酒屋とは言えない!何軒かIZAKAYAって名乗ってる日本食店に行ったけど高級すぎる!シドニーではIZAKAYA居酒屋を自称する店はほんとに安くておいしくて日本の居酒屋っぽい。シドニーの居酒屋、メルボルン進出を待ってます!
6/4 22:15

きっと私が知らない大衆居酒屋がメルボルンに存在すると思って調べたら、そういえばシティの八兵衛は酒バーではなく日本っぽい居酒屋だ♪他にも前田屋というお店を発見。行かねば!
6/4 22:37

先日、妹が新聞に載ったというので見てみたけど、どこかわからず。まさかの変顔で本人とは識別できないほど。笑いすぎてお腹痛くなったあせる
6/7 0:08

呼び出しの仕事がキャンセルになり、やはり今日は勉強しろということか。月曜日は祝日なのに、大学では試験期間初日!!で、解剖生理学、配点が高い筆記問題があるから侮れない。
6/7 11:51

今電車に乗ってます。帰宅する人たちが乗ってるけど、誰も寝てないってすごいなぁ。
6/7 17:33

今日はオサレ居酒屋で女子会。メルボルンで、まさかのCOEDOー埼玉・川越ーに遭遇音符
6/7 17:48

値段も1瓶まさかの12.50ドルガーン
6/7 17:52

ちょっとした願掛けで、つーか、勉強に集中するってことで月曜午後の試験が終わるまでブログはお休みします~ AUS(WA州以外)では月曜は女王誕生日の祝日です。素敵な週末を☆
6/9 9:22

偶然出会った、近隣に住む日本人親子と電話番号を交換にひひ日本人があまりいない地域なので、たまに見かけるとつい、声を掛け合ってしまうという。。。
6/9 13:12

発生学的にみる下垂体の話。今まで考えたことなかったけど、おもしろすぎるのでメモ。http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/7631/pituitary.html
6/9 18:47

>>もっと見る

f:id:gaku-tokyo:20160922221732p:plain

 兵庫県内の製パン会社などが加入する兵庫県パン協同組合は10月22日に「第2回神戸パン祭り」を開催すると発表した。神戸朝日ホール(神戸市中央区)の1階ピロティ広場を会場に、パンの名店14社が出展。それぞれがパンの自信作を販売する。神戸開港150年を記念してパンで作ったポートタワーも登場する予定だ。

 1人当たりの購入量が全国でもトップレベルであるなど、パンは神戸を代表する食文化の1つ。観光資源にもなっており、「パンのまち神戸」を兵庫県内外に一段と浸透させるのがねらい。昨年の第1回は北野工房のまち(神戸市中央区)で開催したが、広い会場の確保を目的に、神戸のパン文化発祥地である旧居留地の神戸朝日ホールに場所を移した。

 出展する14社は「美食同源」「美味しく食べて美しく!」をテーマに、それぞれのパン職人が腕を振るう。時間は午前11時から午後5時を予定するが、売り切れ次第終了。売り上げ金の一部は災害支援金の一部として熊本県に寄付する。

 パンのポートタワーは、ドンクの江崎幸一さんが製作。江崎さんは2006年に厚労省が「現代の名工」として表彰、07年には黄綬褒章を受章した腕っこきのパン職人だ。

 午前11時からと午後2時から開催する親子パン教室では、一流のパン職人によるパン作りの指導が受けられる。事前の申し込みが必要で、9月30日までに往復ハガキで兵庫県パン協会に申し込む。参加費は500円だが、全額を熊本県に寄付する。

 このほか兵庫県産の小麦で作ったパンの試食や販売、小学校低学年以下を対象にしたパン釣り競争、食パンの無料配布なども予定する。出展するパン店14社は以下のとおり。

 ▽イスズベーカリー(神戸市中央区)、バンベール(神戸市中央区)、神戸ベル(神戸市西区)、ダンマルシェ(神戸市西区)、コッペプリュス(神戸市垂水区)、原田パン(神戸市長田区)、マザーバスケット(神戸市西区)、ローヤル(神戸市中央区)、ラ・サン・ミッシェル(神戸市垂水区)、カスカード(神戸市中央区)、ビゴの店(神戸市中央区)、パンプキン(三田市)、フリアンド(西宮市)、アイガー(加東市)

<今回は伊賀忍者の話>

  • 1.はじめに
  • 2.三重大学の国際忍者研究センターのこと
    •  2-1.「三重大「国際忍者研究センター」開設!?教員公募にネットで驚きの声」(スポーツ報知)
    •  2-2.「国際忍者研究センター」の開設と三重大学の関わる地域おこし
  • 3. 最後に
  • 4.余談1:『日本人の知らない日本語 2』の「忍者大好き」な外国人学生たち
  • 5.余談2:中国と韓国の忍者に近い役職について
  • <関連記事>

1.はじめに

今週頭の5月8日に更新した次の拙記事: 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

こちらは、滋賀県の甲賀忍者の末裔の渡辺さんの家で発見された「渡辺家文書」の読解によって、忍者の実態が分かってきたという話を紹介しました。

 

前回が甲賀忍者のことで、今回は説明しなくてもいいくらい、日本では有名な三重県の伊賀忍者のことです。2017年の春先に話題となっていた、三重大学の「国際忍者研究センター」の設置の報道内容を紹介し、忍者文化による地域おこしと大学について、考えたいと思います。 

 

f:id:nakami_midsuki:20170512165427j:plain

 

 

2.三重大学の国際忍者研究センターのこと

 2-1.「三重大「国際忍者研究センター」開設!?教員公募にネットで驚きの声」(スポーツ報知)

実は、昨年度末の3月ごろ、私と一部のフォロワーさんの間で、Twitterに流れてきた次の三重大の求人内容が、ちょっとした注目の的になっていたのです:

www.hochi.co.jp

求人自体は、研究者向け公募求人サイトJREC-IN Portalで発見した人が流していたもので、求人ページ自体は〆切が来たらしく、無くなっておりました。ここでは、スポーツ報知のオンラインニュースを通じて、求人内容を見てみましょう。

 

三重大「国際忍者研究センター」開設!?教員公募にネットで驚きの声

2017年3月10日14時44分 スポーツ報知


 三重大の人文学部・人文社会科学研究科が「国際忍者研究センター」の教員を公募していて、ネット上で話題となっている。応募資格は「忍者研究に関して実績のある者。古文書読解能力を有する者」「大学院の授業担当が可能な者」などとなっている点も注目を集めている。

 

 三重県の北西部にある伊賀市は滋賀・甲賀と並び“忍者の里”として有名で、観光施設として「伊賀流忍者博物館」などがある。

 

 そして同学部・研究科の研究プロジェクトとして「伊賀連携フィールド忍者文化協議会」があり、「忍者食はストレス社会に活かせるか?」「伊賀上野の武家屋敷」「芭蕉忍者説の傾向と対策」などのテーマで市民講座を解説している。

 

 9日に公表された「国際忍者研究センター」教員応募要項によると、(1)国内外を対象とした忍者文化論に関する研究と情報発信 (2)その他国際忍者研究センター(仮称)の目的を達成するために必要な業務(3)大学院人文社会科学研究科・修士課程の教育:担当科目は「忍者文化論特講」「忍者文化史料論特講」(予定)ほか、及び人文学部の教育:担当科目は「特殊講義忍者の歴史」(予定)。以上の授業は、原則として三重県津市の三重大学キャンパスで開講することになるという。

(三重大「国際忍者研究センター」開設!?教員公募にネットで驚きの声 : スポーツ報知)

 

スポーツ報知の報道から分かる求人内容をまとめると、以下のようになる。

 [機関名 Institution]

  • 三重大学人文学部 および大学院人文社会科学研究科 国際忍者研究センター

 [求人内容 Content of job information]

 業務内容、担当科目等

  • (1)国内外を対象とした忍者文化論に関する研究と情報発信 
  • (2)その他国際忍者研究センター(仮称)の目的を達成するために必要な業務(3)大学院人文社会科学研究科・修士課程の教育:担当科目は「忍者文化論特講」「忍者文化史料論特講」(予定)ほか、
  • 人文学部の教育:担当科目は「特殊講義忍者の歴史」(予定)
  • 以上の授業は、原則として三重県津市の三重大学キャンパスで開講することになる

 [応募資格 Qualifications]

  • 忍者研究に関して実績のある者
  • 古文書読解能力を有する者
  • 大学院の授業担当が可能な者、など

 

[研究分野 Research field]は書いていませんが、前回の甲賀忍者の「渡辺家文書」の土読解に関する新聞の内容、および今回の求人の応募資格に「古文書読解能力を有する者」とあることから、日本史とその周辺の分野を対象とし、専門とする人に応募資格があると思われます。 

 

忍者と言えば、前回の甲賀忍者のニュース紹介で、現代日本の様々なジャンルの「忍者もの」文化と古文書を読める人たちについて、

 

忍術書「万川集海」から数百年、現代日本の文芸・芸能、アニメやゲーム、映画等において、忍者ジャンルは人気となっています。今回の「渡辺家文書」の内容について新聞で報道されるほど、一般の人たちにも忍者の存在が注目されるようになりました。しかし、忍者の仕事内容や雇用形態に関する「くずし字」で書かれた古文書の読解は、専門知識と訓練を受けた人でなければ、正確に行うことはできないでしょう。くずし字が書かれ、忍術書「万川集海」の提出された江戸時代と異なり、現代の日本人が時代考証に基づき、リアルな忍者のフィクション作品を作ろうとすれば、古文書が読める人がいないと、難しいわけです。

 

私の周りのくずし字を読める人たちは、人文学系の大学・大学院で日本文学や日本史を専攻し、古文書を読む訓練とともに、文書の背景を含めて扱い方の知識を叩きこまれた人。それから、同じく大学・大学院の文化財や博物館の専攻で、古文書に関する訓練を積んだ人たち。加えて、市民講座のくずし字を読解するコースを受講し、練習を重ねて読めるようになった人たちでしょうか。

(「忍者もの」のフィクション作品と人文科学~「「トカゲ丸焼き」で毒薬配合…甲賀の「秘伝」忍術書見つかる」(ITmediaニュース/産経新聞)~ - 仲見満月の研究室)

 

と書きました。今回のスポーツ報知の最後には、「“ガチ研究”の教員公募にネットでは「どんな人が応募するのか気になる」などの声が上がっている」と書かれています。求人内容や前回の記事内容から、ガチで応募してくるのは、古文書読解能力のある日本史でしょう。

 

業務内容には、「(1)国内外を対象とした忍者文化論に関する研究と情報発信」とあることから、2000年代を代表する忍者漫画のひとつ『NARUTO』とそのシリーズ。それから、海外で作られ、日本にも入って来た、アメリカ人の著者たちによる近未来日本が舞台の「サイバーパンク・ニンジャ活劇小説」とされる『ニンジャスレイヤー』(NINJA SLAYER)、それから度々日本でもアニメ版が放送されている原作がアメコミの『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』Teenage Mutant Ninja Turtles)とその派生作品等、世界中の忍者を題材にした創作作品も研究対象にするようです。

 

もっと言えば、海外の「忍者もの」作品を研究することで、忍者を通じた日本の捉えられ方を明らかにしていくことが、国際忍者文化研究センターの目的のひとつと言えるのではないでしょうか。

 

 2-2.「国際忍者研究センター」の開設と三重大学の関わる地域おこし

三重大の開設した「国際忍者研究センター」ですが、先のスポーツ報知によれば、

 

同学部・研究科の研究プロジェクトとして「伊賀連携フィールド忍者文化協議会」があり、「忍者食はストレス社会に活かせるか?」「伊賀上野の武家屋敷」「芭蕉忍者説の傾向と対策」などのテーマで市民講座を解説している。

(三重大「国際忍者研究センター」開設!?教員公募にネットで驚きの声 : スポーツ報知)

 

ということで、大学のある伊賀地方と組んで、忍者の食べていたものについて現代の祖ストレス社会から見てみたり、伊賀出身とされる松尾芭蕉の忍者説を読み解いたりする市民向けの講座を実施しているようです。忍者について全く知らない私が見ても、興味をそそられる面白そうな題目でした。

 

さて、三重県は県全体としては、旧国としては4つの国(西南部の紀伊、中央西・中央・北東部の伊勢、北西部の伊賀、東南部の志摩)にまたがっていて、地方色を打ち出そうとすると、盛りだくさんなようです。その中の北西部の伊賀地方は、伊賀忍者の「ふるさと」として、忍者に関する強力なコンテンツを持ち、それをベースに地域文化を発信していけることが分かります。

 

2-2では、三重大が伊賀地方を通じて、地域を盛り上げていく活動。ここでは「地域おこし」について、どのように「国際忍者研究センター」を位置づけているのか、次の朝日新聞の記事を中心に、見ていきましょう。:

 

www.asahi.com

三重大が忍者研究センターを開設 伊賀サテライトに新年度  /三重県 

中川史、高木文子 2017年2月21日09時25分

 

 「地域創生」への貢献を掲げる三重大学が、学外の研究拠点、 地域サテライトの設置を本格化させている。一足早く地域との連 携が進む伊賀市の伊賀サテライトでは17日、双方が協力を確認 し合う式典があり、大学側が2017年度中に「国際忍者研究セ ンター」(仮称)を市内に設ける考えを明らかにした。


 地域サテライトは、津市にある三重大学から離れた地域に大学の拠点を設けて、自治体や企業と連携を深め、人材育成や研究開発などの相談に乗るのが狙い。昨年11 月に「伊賀」「東紀州」の両サテライトができ、今年4月には「伊勢志摩」、18年 度中に「北勢」を設置する予定だ。  

 

 伊賀サテライトは、伊賀地域(伊賀市、名張市)の「固有文化と地域資源の活用で 地域再生に寄与する」のを目標に掲げる。忍者などの歴史文化、医薬品企業との連 携、森林資源の活用などで地域の人材育成や課題解決にあたる。 

 

 実際は、09年に産学連携を目指して設置された研究機関の三重大伊賀研究拠点と、12年にできた人文系の三重大サテライトオフィス「伊賀連携フィールド」を継続して使う。


 忍者の研究センターには、専門の研究員1人を配置。国際的にも注目されている忍者についての学術拠点にするという。  

 

 17日の式典には、大学と伊賀市、市文化都市協会、上野商工会議所の関係者がそ ろって出席。06年以降に個々に結んだ友好、連携協力の六つの覚書を確認し、さら に「引き続き相互に連携協力」を強化する内容の覚書に署名した。  

 

 駒田美弘学長は「大学は県民と協働の活動を試みているが、トップを走っているの が伊賀地域。さらに発展させるために伊賀サテライトを設けた。分野もさらに広がれ ばと願っている」と話した。

 (三重大、忍者の国際研究センターを伊賀に設置へ:朝日新聞デジタル)

 

どうやら、最初に情報が挙がっているように、三重大学の「「地域創生」への貢献」にもとづき、置いた「学外の研究拠点」のサテライトのひとつ・「伊賀サテライト」で、自治体やその商工会議所と手を取り、「大学側が2017年度中に「国際忍者研究セ ンター」(仮称)を市内に設け」、いろいろと「地方創生」の活動支援をしていこうとしていた模様です。

 

具体的に伊賀サテライトでは、「伊賀地域(伊賀市、名張市)の「固有文化と地域資源の活用で 地域再生に寄与する」ことを目標に、「忍者などの歴史文化、医薬品企業との連 携、森林資源の活用などで地域の人材育成や課題解決にあたる」としています。

医薬品の企業との連携については、前回の甲賀忍者の記事で書きましたが、眠らせ薬や忍者の兵器に関する文書が見つかっています。伊賀地方のほうでも、研究や開発次第では現代兵器だけでなく、医療分野で応用できるものも出てくる可能性があるでしょう。

 

「実際は、09年に産学連携を目指して設置された研究機関の三重大伊賀研究拠点と、12年にできた人文系の三重大サテライトオフィス「伊賀連携フィールド」を継続して使う 」ことにし、「忍者の研究センターには、専門の研究員1人を配置。国際的にも注目されている忍者についての学術拠点にするという」。 

 

実際に、伊賀サテライトと思われる三重大学の伊賀研究拠点の概要を読むと、「 平成26-27:忍者“Ninja”の知恵を活かした人にやさしい循環型社会の構築ー文理融合型Ninja研究の成果を世界に発信」という記述があり、数年かけて「国際忍者研究センター」の設置準備のためのプロジェクトをやっていたんだな、と感じました。このプロジェクト三重大学 人文学部・人文社会科学研究科 | 忍者・忍術学講座については、今年前期のテーマに、「身体で学ぶコツ・身体技術上達法」や「戦国時代 伊賀国の石造物情勢は複雑奇怪なり」等、忍者の実態に関する研究を生かしたと思われる、面白そうな内容が見え、伊賀市の施設を借りて行うことが予定されていました。

 

センターに置く人数は、開発途上ということでしょうか、1名…。す、少なくないか?

 

今年2月17日の式典において、「駒田美弘学長は「大学は県民と協働の活動を試みているが、トップを走っているの が伊賀地域。さらに発展させるために伊賀サテライトを設けた。分野もさらに広がれ ばと願っている」と話した。」ということ。

 

先に書いたように、研究の広げ方や方向次第では、食品や医薬品等の実用的で商業的な品も生み出せるでしょう。アミューズメントへの応用では、忍者による城や要塞等の建造物の研究が進めば、現地のアトラクションだけでなく、地域的には離れていますが、私が行ったことのあるところでは、京都・新京極にある忍者に関するショーや武術体験、グッズ販売を行うNINJA KYOTO 忍者京都などにも、一部、技術提供すると面白そうです。

 

とにかく、忍者文化は三重県伊賀地方にとっては、地域おこしにおいて、地元の三重大と組むことで、その可能性は広がりそうです。

 

 

3. 最後に

そういうわけで、滋賀県の甲賀忍者に続き、今回は伊賀忍者のふるさとであり、三重県伊賀地方について、三重大の「国際忍者研究センター」と組み、強力な忍者文化という武器を使った地域おこしの可能性について、考えてみました。いかがだったでしょうか? 

前回の滋賀県甲賀地方、それから三重県伊賀地方は、現代日本では非常に分かりやすい忍者文化というものを地域的に持っていたことから、地域おこしとしては、使いやすいものを持っていると言えるでしょう。

 

さて、真面目な日本史研究からすると、忍者の使う道具のひとつ・水蜘蛛の使い方が今年3月の報道で明らかになり、私なんかは「けっこう、使い方は地味だったんだな」とがっかりしました:

www.sankei.com

 

今までの「かっこいいファンタジーとしての忍者の姿」が、忍者の実態研究が進むことにより、これからは、いっそう、生身の人間として仕事をこなしていた彼らのことが分かってくるでしょう。それはそれで、今までとは違った意味で、創作の世界においてリアルな忍者の物語を有むことになるのかもしれません。

 

 

ところで、忍者文化のような分かりやすく、大学・大学院によっては多分野で研究の可能性があり、コンテンツとして強力な地域おこしの武器となり得るものがない!そういう地域の方々は、前回と今回の忍者の記事を読まれて不安になられたかもしれません。私の地元も、ある意味では地域おこしが難しくなってきているところです。

 

忍者ほどメジャーではないにしても、今後は、何かしら人文科学も関わっていける形で産学連携が可能なモノを見つけ、あるいは新たに名物にしていくことは、地域振興においてキーとなってくるかもしれません。山本大臣の仕事である「地方創生」の滋賀県での講演ではないですけど。

 

以上、忍者文化による地域おこしと大学についてのお話でした。

 

 

4.余談1:『日本人の知らない日本語 2』の「忍者大好き」な外国人学生たち

 以前、本ブログの記事2つ:

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

の中の、「スッパ抜く」と忍者以外にも、実は忍者に関する話題が『日本人の知らない日本語 2』には出てきます:

 

 

「忍者大好き」(p.68~)のお話で、日本語学校の学生で、時代劇ファンの一言をきっかけに、外国人学生たちが東京の地下鉄・半蔵門線の半蔵門に行く話がありました。何をしに行くのかといえば、服部半蔵の墓参りに行くとのこと。言い出しっぺのエレーンさんによると、「半蔵門:伊賀忍者組頭の半蔵の屋敷があったため」とのこと。凪子先生と一緒に、私も「かしこさが1上がりました…」。

 

その他、忍者が堀の深さを知りたい時、葦の長さを利用して、ピタゴラスの定理を使っていたエピソードがあったり、「忍者は平和主義者だったから、世界征服しなかったんでしょう?」という外国人学生たちの考えが見えたり、こちらも面白いです。

後者に関しては、忍者を使って情報操作や工作を行い、クライアントの大名や領主が政治的な手段=今でいう外交にうったえて、少ない戦争で利益を得ようとした側面があったとすれば、平和主義ではないにしても、江戸時代の大きな戦争なしな世には関係してそうではあります。

 

 

5.余談2:中国と韓国の忍者に近い役職について

ところで、他の東アジア地域の忍者に近い役職について、日本では一般的には知られていないと思われます。中華圏の時代劇や武侠映画、それから韓国の歴史ドラマがお好きな方なら、次に紹介する監察御史や暗行御史のことはご存知かもしれません。

 

地方の知事クラスの役人を監視したり、反乱の兆しをキャッチしたりするため、中央政府が派遣するタイプの隠密活動をする役人や監察に当たる官は中国、朝鮮半島の歴代王朝にもいたと言われています。いわゆる中国だと漢代の刺史や明代の「皇帝の耳」としての監察御史、朝鮮半島だと朝鮮王朝の暗行御史(アメンオサ)が、これに当たります。

 

中国の刺史や監察御史に関する作品は、ぱっと思いつきません。朝鮮王朝の暗行御史については、日本語で読める漫画があるので、挙げておきますね:

 

暗行御史を題材に、異世界ファンタジー作品としては、韓国出身の漫画家による次のシリーズがあります:

f:id:Black2:20170827122802j:plain

 

 

f:id:Black2:20170827122819j:plain

 

 

f:id:Black2:20170827122835j:plain

 

 

f:id:Black2:20170827122902j:plain

年休前夜

2018/02/24

仕事もそこそこに早めに帰宅。

まだ空が明るい中、車を走らせて家路へ、と思いつつも明日は年休。そのまま真っすぐ変えるのは面白く無いので、少し足を伸ばして横浜方面へ。

特に目的地を決めることなく下道を走り続けるだけなのだが、独りで車という密閉された空間で過ごしているので、自分の中で増え続けている雑多な考え事を整理することが出来たり、運転をすることによりストレスの解消が出来たりとかなりよい時間を過ごしつつ、帰宅と相成りました。

帰宅後にテレビをつけたらプロ野球ニュースが始まる時間(23時)。ふとテーブルに目をやると、部屋に放置されていた不在連絡票を見つけて、そういえば受け取りに行くのを忘れていたと思いつつも、時間も時間なので明日取りに行くことにした。

そう、明日は年休。

役所に行って不動産屋に行って郵便局へ行く。

そして夜は実家。

やることは多いけど、各項目のかかる時間は大した時間ではないので暇な時間の多い一日になりそうな予感ですな。

部屋の片付けでもするか…。

では。