コロラドとアルジェリアのパルが今月、誕生日を迎える。

コロラドのパルは今日、8日が誕生日で、

アルジェリアのパルは23日。

アルジェリアのパルもイランのパルも誕生日を祝わないけれども、

気にせず、誕生日カードを送る。

「おめでとう!」って言われて、嫌な気分になる人なんていないでしょ?

あなたが宗教上の理由で祝わないのを何も思わないけれど、

私がお祝いしたいのよ。だから、カードを送るわ!

あなたのお母さんが大変だった日(=あなたの誕生日)なんだから、

あなたがママさんにお礼を言ってもバチは当たらないわよ。」

というようなことを毎年、書いている。

クリスマスシーズンという全く日数が読めない12月末に出さないといけないため

コロラドのパルとアルジェリアのパルへのバースデーカードを

12月26日に出した。

コロラドには10日くらいに着くかな?

アルジェリアには中旬くらい?と思っていたら、

1月3日にアルジェリアから「誕生日カードありがとう!!」とメールが来た。

10日以内?いつもこんなに早くないのに…

クリスマスを祝わない国にはクリスマスシーズンも関係なく

早く着くのか?!とびっくり。

そして、今日、コロラドのパルから

「誕生日にあなたからの誕生日カードを受け取ったわよ!!びっくり!」

とwhatsappでメッセージが来た。

こちらは、ぴったり彼女の誕生日に届いたようです。

すごーい!!本当に全くホリデーシーズンは郵便日数読めないけれど…。

そういえば、フランスのパルにも誕生日に遅れた!!と焦りつつ、

誕生日5日前に出したカードを誕生日当日に受け取れたようで、

「なによりも嬉しい!」とメールをもらったことがある。

やっぱり誕生日当日に受け取る誕生日カードって、嬉しいものね。

遅れるよりは早めに…とフライング気味に私は誕生日カードを出すので

大抵は、誕生日よりかなり早めにカードを受け取ることにパルたちは

なっているようですが…。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村